メインイメージ

ペットとしての動物たちを

現在、ペットとして飼われている動物たちの中には犬や猫といったポピュラーな種類だけでなく、様々な種類の動物がいます。 そうした犬猫以外のペットは、エキゾチックアニマルと呼ばれることがあります。 明確な線引きはありませんが、輸入された外来種の動物を指す場合が多くみられます。 エキゾチックとは、異国の情緒や風情を感じるものという意味です。 近年ペットショップなどで多くみられるようになったペットの中には、フクロモモンガやフェレットやミーアキャットなどの小動物がいます。 中には、ペンギンのように非常に特殊な環境で世話をしなければならない生き物たちが売られていることもあります。 どんなペットであってもそうですが、簡単に手に入るようになったからと言って、深く考えずに飼ってはなりません。 飼うということは、病気になったり怪我をしたりする可能性があるということです。予防接種などで病院へ連れて行かねばならないこともあります。 定期的に通えるような獣医が近くにないという場合は飼うことを断念せねばなりません。 犬猫といった一般的名なペットとは違い、鳥やハムスターなどといった小さな生き物はどんな獣医でも診てもらえるわけではありません。専門医に行く必要が出てきます。エキゾチックアニマルと呼ばれるペットたちを診てくれる獣医は、どこにでもいるわけではありません。飼うことを考えるなら、購入する前に、診てくれる獣医師の場所を確認することが大切です。 ペットとして人気の亀であるアカミミガメは、ミドリガメとして知られています。元は外来種で、日本には生息していなかった種類です。そうした生き物を、繁殖させすぎてしまった、飼えなくなってしまった、という理由で河川などに放ち、生態系を乱すなどの混乱を引き起こしています。 生き物を飼うということは、命に対して責任を持つということです。そうすることで初めて、飼育するという行為が可能になります。飼育は単に世話をするというだけでなく、命をはぐくむことです。最後の日まで責任を持ちましょう。

犬や猫のキモチを知って

ペットの代表的な存在とも言えるのが犬猫ですが、もっと親しむ為にも動物のキモチを知っておく事が大切と言えます。キモチを知る為にはペットの行動の意味を理解する事が大切です。 意味のある行動は様々ありますが続きます